高知のミョウガは、とっても美人

こんばんは、今年の梅雨はなんだか長く感じますねぇ。

高知のお天気は、バケツをひっくりかえしたような雨が降ります。

今日ご紹介するのは、高知のミョウガです。(6月~10月旬)

 

全国各地で生産されるミョウガですが、実は高知県は、ミョウガ生産がトップ県なんです。

ほんのりピンク色、香りが良く、シャキシャキとした新鮮な食感。

ミョウガと言ったら刺身の横に添えてあるぐらいのイメージがありますが、これだけで終わるのは、もったいない。

高知では、野菜を握り寿司の具として使います。(田舎寿司)

#ミョウガ #ナス #タケノコ #しいたけ #リュウキュウなど…

他にはミョウガの天ぷら、炒め物、和え物、甘酢漬けなど…

個人的におススメは、お味噌汁の具として食べると、とても美味しいです。

香りと食感が、お味噌にとても合います。 😆 

そして、ミョウガの栄養を調べてみると、ミョウガにはビタミンKがあります。

ビタミンKは怪我をした時、血が止まりやすくなる効果があり、このビタミンKが不足すると十分なカルシウムが骨に取り込めなくなったりするそうです。

調べていた私もびっくりしましたW 😯 小さな蕾に、そんな栄養がつまっているなんておどろきです。

見た目は、花の蕾のような形で、ほんのり紅色、主役に負けない存在です。

ご興味がありましたら、ぜひお試しくださいませ。 😛 

高知の海の小さな侍

こんにちは、プチホテル高知です 🙂 

高知のお天気は、今日もジメジメ絶好調!くせ毛にはデンジャラスな毎日ですWW

さて今日ご紹介したいのは、チャンバラ貝!高知で取れる貝です。

この貝は、高知名物皿鉢料理などにも使われ、昔から食べられている貝です。

見た目は巻貝、高知ではチャンバラ貝と呼ばれます。(正式名マガキ貝)

チャンバラ貝には、ナイフのような小さな爪が貝から出ています。

これは、鋸歯といい、敵から身を守る際、この鋸歯を使い力いっぱい蹴る事で、体をジャンプさせ逃げるのです。

人間に捕まった貝も同じく、逃げようと鋸歯を使いもがきます。

その姿がチャンバラを、しているように見えた事から、チャンバラ貝と呼ばれるようになったそうです。

調理法は、煮付けや塩ゆでで食べます。

食べだしたら、止まりません 😀

お酒のおつまみにもピッタリ!

チャンバラ貝のメニューを見つけたら、一度お試しください。

高知県の川で育ったアユ

こんにちは、プチホテル高知です!

高知は絶好調に梅雨でジメジメそしています 🙄

梅雨の季節と言えば、この時期高知では、鮎釣りが始まります。 

今日は、自然豊かな高知県に流れる川で育ったのご紹介です。

鮎はキレイな川で育ちます、その中で代表的なのが四万十川です。

高知県の西部に流れる川で全長196㎞、流域面積2186㎞四国内では最長の川です。

自然の中で、自由にのびのびと育った鮎は、ツヤツヤとハリがあり、よく見たら顔も可愛いんです!

食べ方は、#塩焼きが一般的!塩で焼いた鮎の身は、フワフワで身もしっかり油の乗った背中はサイコーです。

他には、#鮎の甘露煮 #鮎の炊き込みご飯 #鮎の天ぷら!などなど。

鮎が生息するのは、四万十川だけではありません。

高知県仁淀川や物部川・高知県安芸市野根川や安田川。

高知のキレイな川で育った鮎は、とても美味しいので、ぜひ皆様にも味わっていただきたい一品です。 🙂 

高知で育った貴重なエビ

こんにちは、今日の高知は雨曇り。

お天気が悪いと、気分が少し下がりますね。

自粛も解除され、外出ができるようになりましたね。

ですが、まだまだ油断はできません!

いつもの日常にもどり、皆様が高知にお越しいただける日を楽しみに、今日も高知の情報を、お届けいたします。

今日は、高知の川で取れる手長エビを、ご紹介いたします。

高知の清流で育つ川エビ、四万十川や仁淀川などで春から夏にかけて漁獲されます。

オスのハサミが、体長を超えるほど長いため、手長エビとゆう名前がつけられています。

どんなに頑張っても、一日1キロも採れない貴重品!

体長は9センチほどです。

手長エビは成長しすぎると、殻が固くなるため、小ぶりな、殻が柔らかい手長エビが好まれます。

見た目は、黒っぽく半とうめいですが、油で揚げるとキレイな紅色に変身します。

レモンをかけて食べるのがおススメです 😉 

高知にお越しの際には、是非食べてほしい一品です。

高知の鶏

 

こんにちは、プチホテル高知です。

今日は、高知の鶏土佐ジローをご紹介いたします。

鶏の名前は、土佐ジロー! なぜ土佐ジローかとゆうと、父は(土佐地鶏)・母は(ロードアイランド)をかけ合わせ父の地鶏の(ジ)と母ロードアイランドの(ロー)をいただきまして、土佐ジローの誕生です。

 

 

 

 

  • 土佐ジローの玉子は、若干小ぶりで、40g程度です。

*スーパーの玉子Sサイズぐらいです*

黄身は大きくコクがあり、しっかりとした味です。

  • 土佐ジローのお肉は、ひきしまったお肉のため、噛みごたえがあり、旨味が濃く、脂肪はアッサリしてとてもヘルシーです。

お肉は、すき焼き・タタキ・焼肉・親子丼など、土佐ジローを活かしたお料理がたくさん!

玉子をシンプルに食べるなら、やっぱり玉子かけご飯がおススメですね 😀 

高知の生姜

こんにちは、プチホテル高知です。

毎日暑い日が続くと、マスクをしているのが暑くて、辛くなりますね。

これからの時期、エアコンなどで体が冷えすぎてしまう、なんて事にならないために、オススメしたい高知の食材!生姜です 😀 

見た目は地味ですが、漢方や健康食品、食材としても幅広く活躍しています。

高知の気候は比較的暖かく、湿気が多い県です。

そのため高温多湿を好む生姜は、よく育ちます。

そのおかげで、高知県は生姜生産量が多い県なんです。

生姜を食べて、コロナや夏バテに負けない、冷えにくい体づくりをしていきましょう。

ちなみに私は、最近生姜のらっきょう酢漬けに、はまっております!(食べる専門です 😆 )

 

高知の鰹

こんにちは、プチホテル高知です。

本日高知の最高気温29℃最低気温17℃ 🙁 

どうりで暑いはずです。

まだ5月ですが、これから夏に向けて元気になる食材をご紹介です。

今が旬の(初ガツオ)です! 😉 

カツオは、火で全体を表面だけ炙り、中は生!

初ガツオは、肉厚で、もっちり、あっさりとしたお味です。

一緒に沢山の薬味を挟んで食べると、さらに美味しくなります。

ミョウガ・きざみネギ・玉ねぎ・トマト・ニンニク・

カイワレなど。

高知にお越しの際にはぜひ、お試し下さいませ。

柚子でリフレッシュ

 

こんにちは、プチホテル高知です 🙂 

今日の高知は雨ですが、皆様どうお過ごしでしょうか?

こんなジメジメとした気分を爽やかにしてくれるミカンをご紹介いたします。

高知の人は誰もが幼い頃からお世柚子話になっている、柚子(ミカン)をご紹介いたします。

柚子は生食では、酸味が強すぎて食べる事ができませんが、生をそのまま搾り、その搾ったエキスを使い、ちらし寿司や、酢の物や、ポン酢にしたり、使い方色々。

使い終わった柚子を、お風呂に入れて柚子風呂にして入浴すると、とても爽やかで気持ち良くおススメです。

高知の旬

こんにちは、プチホテル高知です 🙂 

高知にはいろいろな美味しい食材がある中、今日ご紹介するのは、高知県産フルーツトマトです。

ツヤツヤで、ハリがあって、みずみずしいフルーツトマト! 😉 

大きさは少し小さめですが、酸味と甘みがぎゅっとつまった、味の濃いトマトなんです。

フルーツトマトの糖度は、7~10度ぐらいまで甘くなります。

*フルーツトマトの旬は*

◊2月~5月(冬春) ◊8月~11月(夏秋)

高知にお越しの際には、是非味わっていただきたいトマトです。

毎週日曜市

こんにちは、プチホテル高知です。

今日の高知の空は、晴れ曇り。

朝夕は、まだ肌寒く感じます。

高知では、毎週日曜日に、日曜市が開催されております。

(日曜市とは、高知の地元の農家さんや、飲食屋さん、花屋さん、刃物屋さんなどの手作り商品を売る生活市)

観光のお客様や、地元の人まで広く愛される日曜市です。

しかし、コロナウイルスのため、営業時間短縮となります。

営業時間は、午前5時~午後14時です。

皆様が、安全にお買い物を楽しく過ごせるよう、マスク着用にご協力を、お願いいたします。

日曜市の通りには、消毒液も準備されております。